民泊
広いキッチン

民泊ビジネスを定年退職以降始める

大きなソファ

民泊をする上での注意点

黒い棚

民泊の定義とは

ベッド

民泊に泊まるメリット

民泊をする上での注意点

大きなソファ

不動産の新たな運用方法の一つとして、最近注目を浴びている民泊ですが、民泊ビジネスに参入を検討しているホストが増えています。民泊ビジネスが人気の理由として、通常の不動産投資よりも多くの収益を上げられる可能性があり、リスクの分散というメリットが考えられるからです。
民泊を始めるためには、まず自分が所有、契約しようとする不動産が民泊の許可を得た地域である事を確認する事が肝要です。民泊は無計画に好き放題行って良いわけではなく法律との兼ね合いで一定の地域だけで許されています。民泊として運用を考える物件が、民泊条例に適合しているかの確認が大事です。民泊が許可されているのは、国家戦略特別区域という経済的な回復や今後の科学技術振興に必要な地域に限定されていて、首脳官邸のホームページより地域の確認をする事が可能です。
民泊の基本的な条件は広さと設備です。基本的に床面積が25㎡以上で、出入り口や窓に施錠が可能という事が条件です。電灯の設備やエアコン、トイレの設置などの条件を満たせば民泊を行う事が可能になります。民泊を行う上で、利用する人は多くが外国人で、言語の問題に対応する事も必要です。文化の違いの配慮についても民泊をする上では必要な事です。

広いキッチン

民泊ビジネスを定年退職以降始める

民泊ビジネスをするホストたちというのは、主婦もいますし、サラリーマンも、そして定年退職をした人たちもいます。空き部屋を少しでも有効に活用することで、収入を得ることができれば生活は楽になるし、人と…

click!more
広いキッチン

民泊ビジネスを定年退職以降始める

大きなソファ

民泊をする上での注意点

黒い棚

民泊の定義とは

ベッド

民泊に泊まるメリット